たかお動物病院 院長ブログ / BLOG

子犬のワクチン

2018/01/20(Sat)

3ヶ月の子犬が他の病院で10種ワクチンと狂犬病ワクチンを同時接種され、ワクチンは今後要らないと言われたらしく、心配になってるとの相談の電話がありました。

まず、問題点としては
1.混合ワクチンと狂犬病ワクチンを同時接種している。
2.生後3ヶ月の子犬に対してワクチン接種を1回で済ませている
3.一度のワクチンだけで生涯ワクチン接種が不要としていること
という、3点が挙げられます。

まず、1に関してですが通常、混合ワクチン(ジステンパーやパルボウィルス感染症などの予防ができるワクチン)を接種した場合、次回接種まで3〜4週間の期間をあけるようにワクチンに添付されている文書に記載されています。また、狂犬病ワクチンの添付文書には【本剤と他のワクチンとの同時投与は避けること。】と明記されています。

つまり、【同時に接種しちゃ駄目よ!!】って事です。

また、2の子犬の時期のワクチン接種の回数の件ですが、移行抗体【母体から胎盤を通して貰ってくる病気に対する抗体】の関連から、通常、2ヶ月以上の子犬に3〜4週間間隔で3回接種が基本となっています。理由としては移行抗体が存在するとワクチンの効果がうまく出ないためです。これを【ワクチンブレイク】といいますが、移行抗体の存在はワクチンブレイクを起こす1つの原因となります。なので、結果は移行抗体がない時期に接種するのが一番なのですが、個体によっては2ヶ月で移行抗体が無くなる子犬もいるし、4ヶ月近く移行抗体が残っている子犬もいます。これは見た目だけでは判断できません。
それじゃ〜、移行抗体を測定してワクチン接種すればいいじゃん!!って事になりますが、手間やコストを抜きにすればそれが理想です。ただ、手間やコストを考えると、抗体価を測定するより生後2ヶ月から1ヶ月おきにワクチンを接種していくやり方が健常な子犬にとって簡便で且つ効果的なやり方なのです。

3ですが、成犬になっても定期的にワクチンの追加接種が必要となっています。ですので、今後接種しなくていいというのも間違いです。

折角していただく予防が最大限の効果を発揮できるように予防を行うこと、また、それを行うことによって飼い主さんや動物の生活を守るのが僕ら獣医師の仕事です。正しく皆様にご理解していただきたく書かせていただきました。


さて、今日から4月に突入!!

2017/04/01(Sat)

今日から4月に突入ですね。(なんか、あまり実感が湧きませんが。。。)

4月といえば新たな生活のスタートの時期。または、それに伴う出会いや別れの季節でもありますね。

本日、飼い主さんのご都合のためこれから数ヶ月会えなくなるワンちゃんの来院がありました。

心臓の疾患があり、今のところ内服薬の投与で落ち着いているイズちゃん。

次会うときも元気な姿を見せてくださいね。




お盆中に緊急来院。

2016/08/16(Tue)

お盆中に遠方より緊急来院がありました。

内容は異物の誤食。異物は『爪楊枝』でした。

子供さんが落としたアスパラベーコンをそのまま食べてしまったそうです。食べてしまったのは来院の前日だったみたいです。エコー検査で十二指腸のイレウスが起こっており、ちょっと嫌な予感もしつつ、内視鏡検査を行いました。

下記の画像のように爪楊枝は胃の中にあったのですが・・・よく見ると、穿孔している可能性が。。。



通常、内視鏡検査では消化管内を見やすく広げるためにガスを送ります。

検査後、そのガスがレントゲン検査で消化管外に漏れていると判明したため、開腹手術を行い、穿孔している場所を外科的に整復いたしました。

昨日より、食事を開始してキチンと食べてくれるようになり、炎症反応の数値も昨日より低下したため本日退院です。

誤食は怖いですから、皆さんも注意いたしましょうね。


原鶴温泉花火大会

2016/05/21(Sat)

昨日の夜は毎年恒例の『原鶴温泉花火大会』が行われていました。

当院の駐車場からでも花火は見えるので子どもと一緒に外で弁当を食べながら観賞いたしました。



いや〜、とても綺麗です。

昔はよく会場まで行って花火を見ていましたが、少し離れたところで見る花火が最近は情緒深く感じられますね〜。

また、一度でいいから上空から見下ろす形で花火を見てみたいものです。

毎年この花火大会をみるともうすぐ夏だなぁと感じてしまいます。

世間的にあまり良いニュースを聞くことが最近ありませんが、ちょっとだけ元気をもらいました。

さて、今日も1日頑張るぞ〜〜!!


地震

2016/04/15(Fri)

昨日、熊本で震度7の地震が起きました。

夜の9時半位だったかと思います。携帯のあの恐ろしいアラームとともに大きな揺れ。。。

後々確認すると当院の所在する地域では震度4位の揺れだったみたいです。

その後も何度も体感できる余震が続きました。子供が『怖い』と言って揺れのたびに起きていました。

幸いにして当院は地震の被害はありませんでしたが、本日、TVで報道されている熊本の様子をみると、家屋の倒壊、道路の寸断、新幹線の脱線などと大変な惨事になっていることが分かり、一瞬の揺れで甚大な被害をもたらす地震に恐怖を再び感じるとともに、日常、無事で仕事ができている環境というのがどれだけ有難いものなのかということを感じました。

被災された方には、心よりお見舞い申し上げますと共に亡くなられた方にはご冥福をお祈りいたします。

また、福岡県獣医師会が取り組んでいる『災害時協力動物病院』に当院もエントリーいたしました。

微力ではありますが、被災地から福岡県獣医師会に要請があった際には協力させていただきます。


第12回パピークラスの開催

2016/02/27(Sat)

本日は当院にて『第12回パピークラス』を開催しました。

本日参加のアリスちゃんです。今回は1名の参加でしたが、元気よくいろんな事にチャレンジしてもらいました。

飼い主様は親子で参加。とても微笑ましい光景でした。

当初はブルブルと震えていたアリスちゃん、しばらくすると、病院にも慣れてくれたようです。

下記の写真をみると随分とリラックスしてくれている気がします。^^



当院では定期的にパピークラスを実施しています。ご興味のある方は当院までお問い合わせください。


1 2 3 4 5 次へ 

アイペットペット保険対応動物病院

たかお動物病院

〒839-1306
福岡県うきは市吉井町新治358-7
TEL 0943-75-3939

CHECK診療時間
(月火水木金)
9:00〜12:00 / 15:00〜19:00
(土)
9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

CHECK定休日 / 日・祝祭日
TOPに戻る