たかお動物病院 院長ブログ / BLOG

開心術(その2)

2016/11/25(Fri)

先日11月23日に自分が代診していた香川の動物病院に開心術のお手伝いのため大学同期である【白金高輪動物病院】の院長である佐藤貴紀先生と行ってきました。
自分が開心術を始めたのも師匠である香川の院長の影響です。
自分と佐藤先生は助手として手術に参加。中々難易度の高い症例でしたが無事に終了し、現時点での経過も良好みたいです。心臓外科、特に開心術はチームワークが大切な手術です。それぞれの持場の人が的確な仕事をやってはじめて成功につながります。
今回の成功はチームにとって大きな糧となりました。この結果に甘んじることなくチームとしての技術力をブラッシュアップしていくことが大切ですね。
手術後に師匠から『高尾も佐藤先生もよく勉強されていて大変助かった。ありがとう』と言ってもらえたのがとても嬉しかったです。
代診時代は色々と迷惑かけてましたからねぇ。。。(;´Д`)
恩返しが出来るようになって本当に良かった。

前回、当院で行った開心術の心室中隔欠損症(VSD)のワンちゃんも元気で、健診がてら病院に顔を出してくれています。動物の命に携わる仕事、正直、辛いことも多いです。ただ、飼い主さんと共に得れる喜びが大きいのも確かです。もうすぐ、12月。今年1年も終わりますね。今年も自分は大きく成長できました。


チャリティーカレンダー購入ありがとうございます。

2016/11/09(Wed)



先日、ブログに記載した【ふくおかの猫365カレンダー】ご購入いただいた方々、ありがとうございました。

【ご購入していただき喜びに溢れる?飼い主様】・・・掲載にあたり許可を得ております。



購入金額の一部がおうちのない猫や犬の不妊去勢手術の手術費用になるこのカレンダー、残りあと少しとなりました。

ご興味のある方はお早めにご購入ください。


紹介症例

2016/11/08(Tue)

先日から、紹介をいただいた【会陰ヘルニア】の症例。
この症例は、直腸脱及び膀胱、前立腺、小腸のヘルニア部への陥入があり、腎不全も併発してるとても重症度が高い症例でした。
これが来院時の外観。。。凄いことになっています。

膀胱内にカテーテルを陰茎から挿入し、尿道を確保したのち、直腸を一時的に内部へおさめ、腎不全の管理を行い、経過が良くなったところで手術というような形で治療を進めましたが、なんとか無事退院することができ、2週間後の健診ではかなり肛門周囲の状況も改善されていました。

手術は精巣を包んでいる【総鞘膜】を利用してヘルニア孔を塞ぎました。
排便、排尿も快調で、食欲もありかなり元気になったと飼い主さんも喜んでくれて手術をやらせていただいた自分たちも報われる結果となり良かったです。
重症な子ほど、一つ一つを確実に丁寧にやっていかないと結果に結びつける事が出来ません。今回の症例はその典型例でした。


【ふくおかの猫 365】カレンダー

2016/11/04(Fri)

福岡県獣医師会 いのちをつなぐ委員会作成の【ふくおかの猫 365】カレンダーを入荷いたしました。
日替わりで色んな猫ちゃんの写真が掲載されています。
猫好きな方にはたまらないカレンダーだと思います。当院にてにて千円(税別)販売しています。
尚、このカレンダーの売上の一部はおうちのない猫や犬への不妊去勢手術費用などに使用されます。
※数に限りがございます。ご希望の方はお早めにご購入ください。

表紙はこのような感じです。↓↓↓


日にちごとに色んな猫ちゃんの写真↓↓↓


大阪出張

2016/10/03(Mon)

先週の土曜日から日曜にかけて大阪に出張し(診療時間変更で患者様にはご迷惑をおかけしました。)、体外循環法のセミナーとシミュレータによる実習を受けてきました。体外循環中に起こる突然のトラブルを上手く回避し循環を正常に保つ難しさを体験してきました。
人医療では技師さんがこういったシミュレーターの機械を使って経験を積むそうです。改めて人の医療の凄さを実感いたしました。獣医療ではこのようなシュミレータを使用している病院はありませんのでとても貴重な実習でした。

因みに今回、実習で使用したこの機械はTVドラマの『医龍』で実際使用された機械らしいです。直筆のサインが飾られていました。




お盆中に緊急来院。

2016/08/16(Tue)

お盆中に遠方より緊急来院がありました。

内容は異物の誤食。異物は『爪楊枝』でした。

子供さんが落としたアスパラベーコンをそのまま食べてしまったそうです。食べてしまったのは来院の前日だったみたいです。エコー検査で十二指腸のイレウスが起こっており、ちょっと嫌な予感もしつつ、内視鏡検査を行いました。

下記の画像のように爪楊枝は胃の中にあったのですが・・・よく見ると、穿孔している可能性が。。。



通常、内視鏡検査では消化管内を見やすく広げるためにガスを送ります。

検査後、そのガスがレントゲン検査で消化管外に漏れていると判明したため、開腹手術を行い、穿孔している場所を外科的に整復いたしました。

昨日より、食事を開始してキチンと食べてくれるようになり、炎症反応の数値も昨日より低下したため本日退院です。

誤食は怖いですから、皆さんも注意いたしましょうね。


[1] 前へ 6 7 8 9 10 次へ [47]

アイペットペット保険対応動物病院

たかお動物病院

〒839-1306
福岡県うきは市吉井町新治358-7
TEL 0943-75-3939

CHECK診療時間
(月火水木金)
9:00〜12:00 / 15:00〜19:00
(土)
9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

CHECK定休日 / 日・祝祭日
TOPに戻る