たかお動物病院 院長ブログ / BLOG

冬に悪化する病気

2011/11/22(Tue)

いつもご訪問いただきありがとうございます。
今日は『冬に悪化する病気』と題しました。今回はそのなかでも循環器についてお話ししようかと思います。
実は先日、当院にワクチンを接種されに来院された患者さんの来院がありました。ワクチン時の身体検査から心雑音が聴取されたので、検査を行わさせていただくと、僧帽弁閉鎖不全という弁膜症をおこしていました。

(クリックすると大きくなります。)

僧帽弁の前尖(赤丸で囲っているところ)が変性を受け肥大しています。
これにより、この部位からの血液の左心房内への逆流が起こっています。
この症例は今のところ、臨床症状(発咳、運動不耐など)はまったく起こしていません。
心臓病の初期というのは大抵無症状で経過します。それは、心臓にトラブルが出ても初期は心臓の代償作用で補われるからです。しかし、その代償性の作用が後々の症状の悪化を引き起こし、臨床症状を引き起こしてくるのです。こうなったら、もう、心不全です。冬場は抹消の毛細血管という血管が収縮しており、心臓の負担が増します。ということは循環器疾患を基礎疾患に持つ子にとってはとても厳しい季節になります。
心臓の代償作用はいつ破綻するか分かりません。じゃあ何を行えば良いのか?それは症状の出てないうちからの治療です。進行して重度の状態からの治療は多くの薬を必要とするケースがほとんどです。そして、その効果が得れなく亡くなってしまう動物もいます。ただ、早期からの治療であれば軽度の治療で良い状態を長く続けてあげることができます。
今回、検査を受けていただいた飼い主様には上記の話を理解していただいて初期のお薬ですが、血管を広げ心臓の負担を取ってあげるお薬からスタートさせていただきました。
以前、循環器疾患に関して指摘されたことのある方はかかりつけの動物病院にご相談されると良いかもしれません。


副腎疾患

2011/10/04(Tue)

ご訪問いただきありがとうございます。
今回は副腎疾患、なかでも副腎皮質機能亢進症についてお話しようかと思います。以前、副腎皮質機能低下症の症例についてご紹介したと思いますが、今回はその逆の症状です。
副腎で作られるホルモンには大きく2つあって1つは糖質コルチコイド、もう1つは鉱質コルチコイドというホルモンです。
どちらも、生体にとっては重要な働きをしており、分泌量が少なすぎても多すぎても問題になります。
副腎皮質機能亢進症は副腎から分泌されるホルモン(主に糖質コルチコイド)が分泌過多になり、様々な臨床症状を呈します。
まず、代表的な症状としては多飲多尿(お水をたくさん飲んで、おしっこを大量にする)があります。他にも、軟部組織の石灰化、骨格筋の萎縮、血栓症、細菌感染の憎悪、糖尿病などがあります。
特に血栓症、細菌感染の憎悪、糖尿病は予後を著しく悪化させ、それが原因で死亡することがあります。
原因は脳下垂体にあることがほとんどですが、副腎の腫瘍が原因でも起こります。根治的な治療はなかなか難しい病気(特に下垂体性の場合)ですが、ホルモンによる2次的な併発疾患を抑えることにより、QOLの向上を図ることはできます。

下記のエコー像は最近、当院にて副腎機能亢進症と診断した症例のものです。副腎の厚さが増加しているのが分かります。(特に右)


後肢の痛み、跛行

2011/10/04(Tue)

昨日、最後に来院のあった症例です。
1ヶ月前より後肢の痛み(右)と跛行を主訴に来院。
身体一般検査より右大腿部の腫脹あり、X-ray撮影を行うと・・・


右腸骨翼の骨崩壊像があり

腰骨下リンパ節の腫大も確認されました。
詳細な検査はまだ行っておりませんが、こういった所見を呈する病気で一番疑わしいものは腫瘍性疾患です。
跛行を呈して、痛みを伴う病気は何も骨折や、関節疾患だけではありません。腫瘍が関連している起こることもあります。もしそうであれば、動物の予後に大きく影響します。
経過の長い跛行は一度かかりつけの先生にご相談されることをお勧めいたします。


か、痒い・・・

2011/07/08(Fri)

皮膚を痒がるとのことで来院されたチワワさん・・・
飼い主さんの話によると、市販のノミ予防薬をしているがノミがいてお尻のところがこんな風になってしまって、ものすごく痒がっているとのこと・・・



たしかにコレは痒そうですね〜。自分で皮膚を咬んで急性湿疹になっているところもあります。

早速、院内にてノミ駆除剤を塗布し、お薬にて治療です。

きっちりと効果のある駆除剤(駆虫効果があり、長期間効果が持続するもの)などを用いて予防すれば、ノミ性の皮膚炎になることはそう滅多にありません。
大切な動物がノミによる皮膚炎の痒みで悩まないでいいようにしてあげたいですね?


最近、暖かくなってきましたね?

2011/04/21(Thu)

皆様こんにちは、最近なかなかブログの更新が滞っておりましたスイマセン・・・
春になり、気温も日に日に暖かくなってきておりますが、皆様、如何お過ごしですか?
今日は、先日のブログにも書いていましたが、今の時期から犬、猫に必要な予防に関してお話したいと思っております。一気に色々書いてしまうと読むのも辛いと思いますので、今日はこれ↓

なんだか分かりますか?
そうです、フィラリアですね。犬にはとても有名な病気:フィラリア症の原因となる寄生虫です。最近の疫学調査では猫にも寄生することが知られています。今回は犬、猫のフィラリア症について病気と予防のお話をさせていただきます。
まず、フィラリアは犬猫ともに蚊より伝播されます。皮膚からフィラリアの幼虫が入り、成長を続けて半年以上をかけ、成虫になります。成虫のほとんどは肺動脈という血管の中に寄生し、そこでフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を産みます。それがまた蚊に吸われ蚊の体内で成長し、他の犬猫に伝播するという病気です。
犬はもともと、フィラリアが生活をおくるには格好の生き物で予防を行わないとフィラリア症になる危険性はすごく高いです。
一方、猫ですが、疫学調査の結果からだと野外の猫の10頭中1頭はフィラリアの抗体を持っているとの結果が出ています。
[猫の場合、犬とは違いフィラリアが寄生しても検査で抗原(フィラリア自身)を測定することはできません。]
また、猫のフィラリア症は犬のフィラリア症より突然死のリスクが高いとも言われています。つまり、猫のフィラリア症は診断が犬とは違い難しく、且つ、フィラリア症になると突然死を起こす可能性のある怖い病気であることが言えます。

当院でも、以前から希望される飼い主様には猫のフィラリア予防を行っています。犬に関してはもう今更ながらの病気かもしれませんが、すごく重要な病気です。一度なってしまうと完治はできない病気なだけに予防が必須な病気でもあります。

しかし、なかなか書くというのは難しいですねぇ(汗)
だから、ブログ更新が滞ってるのかな〜なんて(笑)


副腎皮質機能低下症

2011/03/11(Fri)

2009年の7月の初診以来、もう、1年半以上毎月来院してもらっているモコちゃん。

飼い主さんはもともと千葉にお住まいだったのですが、2年前にこちらに越してこられたそうです。
モコちゃん実は、千葉にいる時にずっと下痢と嘔吐に苦しめられていたようで、入退院を繰り返しているとのことでした。
当院で色々と検査させていただくと、ホルモン性の病気があることが判明!!
その病気とは『副腎皮質機能低下症(アジソン病)』といわれるもの。
この病気は下痢と嘔吐、食欲不振主訴とする病気で、ひどくなると高カリウム血症を起こし、死亡することもある怖い病気です。
それ以来、ずっとお薬を飲んでもらって、定期的な検診を行っています。
治療開始から1年半以上経ちますが、嘔吐や下痢に悩まされることなく維持できている様子。良かった〜!!
今があるのは飼い主さんの懸命なお世話があるおかげです!!


前へ 1 2 3 4 次へ 

アイペットペット保険対応動物病院

たかお動物病院

〒839-1306
福岡県うきは市吉井町新治358-7
TEL 0943-75-3939

CHECK診療時間
(月火水木金)
9:00〜12:00 / 15:00〜19:00
(土)
9:00〜12:00 / 13:00〜17:00

CHECK定休日 / 日・祝祭日
TOPに戻る